Telog

2017.12/04




■ 手作り釣り具倶楽部・近況。

 先頃新たに来られ方も現在ブランクがほぼ完成しいよいよパーツ類の作業へと移行しつつある。現役を終えられようやく自分のために時間を使えるということもあり来られたようです。
 もちろん釣り三昧も目論んでいるそうですが、それだけでは飽きてしまうと思ったところもあるようで、どうせなら自分で作った道具で釣りをしよう!と。

 初めてと言うこともあるし実際の作業という見本を兼ねて半分ぐらいはボクが手を出してしまいましたが、次のクラブ活動までの時間家でコツコツと作業をされたことが作業の進行には大きかったと思います。現在は自然木を手で削りリールシートを成形しています。今期のいる作業ですが、楽しいと言っていましたのでそれが何より一番のやり甲斐だろうと感じ、ボクの方も嬉しいと感じています。

 こちらはプレーニングフォームを使っての製作。すでに2枚貼り合わせの経験を終えた方で、今は節間素材をいろいろと掘り下げています。やはり2枚貼り合わせに比べて削り捨てる部分が多いなあ...と改めて感じました。
 さて、今製作しているロッドはどんなアクションに仕上がるのでしょうね?完成してのち、真の結果を感じることでしょう。


 最近はロッド製作に時間が取れずにいますが、木の枝ロッドを思いついたことで、倶楽部時間を活かし皆さんと一緒に楽しく過ごそうと思っています♪

Topへもどる!