Telog

2017.04/15




■ 三角の年。

 ↑は2010年の画像。三角ブランクを形にしたのはバッケン君が亡くなったことが大きく、(勝手に)やり残したであろういろいろな彼の想いを想像し「生ある内にやれることはやろう!!」ということだった。

 三角のブランクなんて今でも…これからも…広く受け入れられることはなだろう...だからこそ形にしてみる意味があると当時強く感じたのをハッキリと覚えている。ま、市場価値観しか眼中にない諸氏のことはほとんど考えていないないこの形状だが、創ってみるとなんのことはなく普通に使えるロッドとしてボクの中ではポピュラーメニューに組みされている。ぶっちゃけついでに言えば、ロッドは釣ることに必要な能力を備えていれば形状はさしたる問題ではない!のです。素材が何であれ・形状が何であれ・コスメが何であれ...市場価値を外せば何だってロッドになる。彼の一件でこうした思いが弾けた瞬間だった。

 まだこの世を去るとかいうことではないが、そう!生きている内にこそ”証”を残せるようなことをやっておきたい...とまあ〜超個人的な思いから三角ブランクはこの世に誕生した。


 さて。アッという間に「はじめよう!キャラクターデザイン講座」が終了した。参加者の年齢幅や経験差が広く精一杯やってはみたが果たして皆さんギリギリ合格点の評価を頂けたのだろうか?...などと情けない振り返りに身を置いているところ。いつもこういうときは真面目にやりすぎる傾向があり、やや難しく聞こえてしまうことが混じってしまう...だが、どうしても表面だけの楽しさで括るのがなかなか出来ない葛藤が起こってしまうため、次こそは!と気を付けているつもりなんですが...どうやらまたやっちまった感が襲っています。また機会をもらえたならもっと考え整理をして伝えたいと思っています。...次があればなんですが。

Topへもどる!