Telog

2017.04/11




■ ひとまずティップ。

 初公開?!...三角ロッドブランクの断面。以前書きましたが、絵に書いたような△がイメージとしては理想なんですが...ロッドとしての三角となると...。

 何故なら…「空気抵抗の大きさ」「振ったときの挙動振幅」が理由。この二つを解消する最短の形状が”三角おむすび形”です。
 本来なら平滑平面な辺ですが、飛行機の翼の空気力学同様に辺を湾曲形状にすることで空気の流れがスムーズになり空気抵抗が軽減される!ということに。それと同時に挙動不審な動きをもずいぶん制御する働きを見せます。

 かなり久しぶりな作業でいつもながらの不安感があったけど、まあ〜何とか合格点の範囲に納まってくれたようでホッとしました。あとはバット側のテーパー削りと貼り合わせしての成形。バット側にだけは理想の△形状を表現する予定です。
 これも以前書きましたが、三角ぶ案区の特性は五角モノと同じ原理です。押しはパワフル・引きはソフト。完成したら折をみて試したいと思います。で、検証使用ものとしてショップ掲載を予定!...ま、気の早い話ですが(w


 Mikami氏は着々とフライの準備をしているとか!...ボクもこの前いい加減汚れていたベストを洗濯しましたが...20年近い年季モノゆえ繊維が劣化しポケットの底がボロボロと破れてしまった!...使っていないベストはあるんだけど、長年使い慣れた着心地やポケットの配置などが板に付き、なかなか他のベストに替えられずにいました...。けど今度は腹を括らなきゃいけないかなあ...。

Topへもどる!